どうも!ダーツは永遠の恋人!だ~はらです。

ダーツの宿敵!!!天敵!!!
力み!!!についてお話ししたいと思います。

力みは意識すればある程度気づけるようになってきますが、
それでも、無意識の力みに悩まされます…。
力んでることに気づかないパターンのやつですね。

「脱力、脱力って言われてもどうしたらいいの?」
って方は必見です。

力んでる?おかしいな?と感じたらまず確認!

脱力法その①【グリップ】
人差し指と親指をはじめとしたグリップに力みが生まれると、
前腕に力が入り、結果全身の力みに繋がります。

まずはダーツを優しくつまむように持つようにしてみて下さい。
自然と力が抜けるはずです。
「入らない、うまく腕が触れない」
そんな時はグリップが力んでいる。そう思っても良いくらいです。

脱力法その②【左腕の高さ】
左投げの場合は、右腕の高さです。

高い位置に腕を置くことで肩に力が入り同じく全身の力みに繋がります。
少し低い位置でダーツを持つようにしてみましょう。肩の力が抜けるはずです。

脱力法その③力の流れ
構えてからリリースの瞬間までの間で力をいれる瞬間はリリースのインパクトの瞬間です。
インパクトの瞬間までは力は抜けているわけですから、
構えてからリリースするまでの一連の流れの力が一定(強弱がない状態)である場合は常に力が入っているか力は抜けているがリリース時に必要な力が込められていないため、見直す必要があると言えるでしょう。

ダーツ力=脱力(だつりょく)

と言われる程、ダーツはどれだけリラックス状態でスローラインに立てるかがポイントです。
飛んでも飛ばなくても脱力!うまくいってもいかなかくても脱力!とにもかくにも脱力!

力んでうまく良くことは絶対にありません!
たまたま力いっぱい飛ばしたダーツがブルや狙った的に刺さることもあるかもしれません。

しかし、そこに【安定】は絶対ありません。
脱力を極め、ダーツを極めていきましょう!

それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪