あいらぶ・ダーツ!~とにかくダーツが上手くなりたい~

ダーツを愛する全ての方へ! だ~はらが普段のダーツの取り組みを通じて得たコツや練習方法はじめ、ダーツに関する情報を惜しみなく発信していく。そして皆さんと一緒にダーツ道を歩いていくために作ったそんなブログです!

どうも!ダーツは永遠の恋人!
だ~はらです! 今日はグリップについてお話していきます!

グリップもダーツにとって奥が深い永遠のテーマですよね。
3フィンガー、4フィンガー、浅く持ったり、深く持ってみたり、
「あーでもない、こーでもないっ!」となんて言いながら、
しっくり来るグリップが見つからず試行錯誤した経験ありますよね?

もしかしたら今まさにその最中ではないでしょうか?
今日はそんなグリップについて、少し違った角度から切り口を入れていきたいと思います。

グリップってどのくらいの力で握る?
よく、「握るのではなく、つまむ」って言いますよね?
握るイメージよりはつまむイメージの方が力みにくくて良いと思います。

じゃあ、ダーツをつまむとしてやはり同様の疑問として、
どのくらいの力でつまむ?って話になると思うんです。

結局つまむにしろ、握るにしろその力加減ってなかなかイメージするのって、
難しくないですか?

まず力加減を確認しよう
①いつも投げてる時と同じようにセットアップします。
1
②そのまま地面と水平になるまでゆっくり下に倒していきます。
2
③水平になった時グリップしてるダーツが地面に向かってストンっと落ちます。
3
④親指と人差し指で握っていた部分(刻みの部分)からフライトの方に移動してますよね?
gurippu
セットアップしてる時は矢に角度がついているので下にズレ落ちることはないですし、
スローイングするうえで矢を持つ力加減はこの位あれば十分だと思います。

もしいまあなたがグリップに何らかの悩みがあって、矢がストンっと落ちなければ、
力具合を見直すことで、上達のきっかけになるかもしれません。

グリップを生かすためのスローイング
グリップの力加減がわかってきたら、ここからが大事です。
このグリップから矢をしっかり飛ばすためのスローイングのイメージをお話ししていきます。

まず、本題の前に改めて注意すべき点です。
それはスローイングする際に手首、あるいは指で意図的に矢に力を加えてませんか?
無意識で力を加えてしまってるケースもありますので今一度確認してみてください。

力を加えることが100%NGって訳ではありません。ただ手首なり指で意図して力を加える場合それを毎投、毎ラウンド、毎ゲーム安定して同じだけの力を加えることができるでしょうか。
おそらく難しいと思います。理想は腕の振り、または押しだけで矢に力を伝えて飛ばせた方が良いと考えます。

スローイングする際のイメージ
グリップした矢含め、手首より上はないものとイメージします。
(不自然な画像で申し訳ないですがこんなイメージ)
eee
もしくは、持った矢を実際はつまむなり握るなりしてますが、【乗せている】イメージで持ちます。
(またまた不自然な画像で申し訳ないです。)
noseru

このイメージの状態から、的に向かって腕を振ります。
自然と手首は返るかターゲットの方に向かう形となります。

おさらいします。

①水平にしたときにグリップがフライト側に滑る程の力加減でグリップ

②手首より上がないイメージorダーツを乗せているイメージで矢を持つ。

③的に向かって腕を振る(指や手首で力を加えないよう注意

これで矢に力をちゃんと伝えられた時、矢の飛びが劇的に変わるはずです。
だ~はらはこれができた時のスローイングの安定感がハンパなく増しました。

人によってグリップもスローのイメージも違うのでこれが正解ではありませんが、
もしグリップなりスローなりにお悩みであれば是非試してみてください。

それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪

どうも!ダーツは永遠の恋人!
だ~はらです! 今日はダーツバレルのお話しです。

だ~はらは大体、3ヶ月~4ヶ月位のペースでバレルを新調してます。

いまは、G's DartsのロッソコルサⅡを使っているのですがだいぶカットも減ってきたし、
これを購入してから大分フォームも変わってきたためより合うバレルを求めてショップへ!

使用中のダーツ:G's DartsのロッソコルサⅡ
rossso
いまのフォームに合うバレルは?
グリップは人差し指の第二関節と深めのグリップにしています。
パワーラインが手のひらににあるため(B1タイプ)深めがあってるみたいです。
スローイメージは直線的よりは弧を描きしっかりラインをとるイメージで投げています。

なのである程度重さがあって、深めのグリップで大事な「抜け」の良さを考えると、
カットはきつくないものがいいな~と考えてます。

◆候補1
EVANDER イベンダー (TRiNiDAD/Xシリーズ)
イベンダー
全長   39.0mm
最大径 7.6mm
素材 タングステン90%
重さ 19.0g(バレルのみ)

数少ないオクタゴンカットが最大の特徴!
バレルに面をつけることでできる接地面が吸いつくようにフィットしてくれます。

加えて後方のリングカットの適度な掛かりで気持ちよく抜けてくれますので
深めのグリップとの相性もバッチリ!

重量19.0gもオクタゴンカットのフィット感からか重く感じることなくスロー出来ました。
いまのところこのバレルが有力候補です!
グリップ深め、直線飛ばしでなく重さでしっかりラインを取りながら飛ばす方にはおススメです!
しかも価格も税込みで7,400円とコスパも高いのが魅力。

◆候補2
Gomez ゴメス Type8/山田 勇樹選手 (TRiNiDAD)
gomesu
全長(mm)   42.1㎜
最大径(mm) 7.6mm
バレル重量(g) 21.5g

言わずと知れた山田勇樹モデル!
このバレルもイベンダー 同様、オクタゴンカットを採用しています。

スティールも打つ選手というのもあって重量はバレル単体で21.5gと重めのスペック。
全長を長めに取り、マイクロカット・リングカット・オクタゴンカットと、
バレル全体にカットを施すことにより、
バレルのどこをもっても飛ばせる仕様になってるようです。
感覚的なグリップが実現できる1本だと思います。

◆候補3 JOE ジョー (TRiNiDAD/Xシリーズ)
JOE
全長(mm)   36.0mm
最大径(mm) 7.8mm
バレル単体重量(g)18.0g

イベンダーと同じくらいしっくりきたバレルでした。
後方にはシャークカットにテーパーがかかっているため非常に飛ばしやすいと思います。
ただ、だ~はらには少しカットがきつく感じました。

ある程度使い込むことでいい感じに馴染んでくるのかなという印象。
こちらも非常にいいバレルでした。

過去トリニダードのダーツは使ったことがないのでせっかくなので、
この3候補の中から最終的に決めようかな。

いつもなら試投した日に購入するのですがその日のコンディションで感じ方も変わるため、
今回は少し時間をかけて決めてみたいと思います。

いやー早く新しいバレルを買いたい!!!
ダーツ選びもダーツの魅力の一つですよね。
ダーツに出会えて本当によかったと思う今日この頃。

それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪

どうも!ダーツは永遠の恋人!
だ~はらです!

今日はダーツにおける属性についてお話ししたいと思います。

自分の身体の動き、たとえば腕の振りであったり、
「グリップに違和感があるなぁ」と感じられてる方は必見かと思います。

属性とは…
「属する性質のこと。あるものや人に備わっている性質や特徴のこと」
じゃあダーツの属性って一体何だろう???

いわゆる、4スタンス理論ってやつが属性にあたるかなと思います。
4スタンス理論については他サイトで様々な情報がありますので検索して見てください。

今回は4スタンス理論のグリップ版のお話しです。
4スタンス理論を用いてグリップを調整したところだいぶスローが安定してきましたので、
是非ご紹介させてください!

人それぞれ身体の作りは違いますので、まずは自身の身体の特性を理解してから、
練習に取り組むことが上達への近道と考えます。

属性別パワーライン
パワーラインとは簡単にいうと、
最も自然に力を働かせることができる位置(線)を言います。
このパワーラインというのが全4パターンあり、自分がどのタイプなのかを判別することで、 グリップ、ひいてはダーツの安定に繋がると考えます。

◆A1タイプ 人差し指の付け根から小指側の手の平の下あたりに斜めに入った線 A1
A2タイプ 人差し指付け根から小指付け根へと向かう線
A2
B1 手のひらを水平に通る線
B1
B2 人差し指の付け根と手のひらの小指側の手首にある手根骨という骨を結ぶ線
B2

このパワーラインに対して、
平行にバレルをグリップ するか、もしくはこの線をターゲットのライン上に合わせる照準のように使うことでダーツを一番自然にかつしっかりと力を伝えやすくなるはずです。

A1、B1は人差し指の第一関節、または第一と第二の間あたりでグリップするといいかもしれません。

A2、B2は人差し指の第二関節に合わせるように深めのグリップが相性がいいように思います。

だ~はらはB1ですがパワーラインが手のひらにあるため少し深めにグリップして、パワーラインをターゲットに合わせるようにしています。

タイプ判別方法
お待たせしました。肝心の判別方法です。
まずはAorBを判別する方法です。

片足飛びで上げてる方の足を曲げた方が進みやすい、または、
バランスが取りやすいようであればAです。
A
上げていた方の足を曲げて前に出した状態の方が 進みやすい、
またはバランスが取りやすいようであればBです。
B

次に1or2を判別します。

椅子に座った状態で誰かに引っ張ってもらって立ち上がってください。
その際、人差し指で引っ張った時の方が立ちやすければ、1(内側重心)です。
1
薬指の方が立ちやすければ2(外側重心)です。
2
これでタイプ判別は終了です。

今一度自分のパワーラインを確認してみてください。
もしグリップがしっくりこないようであれば何度か判別方法を試してみてください。

ベストグリップを見つけ出せれば上達間違いなし!
闇雲に練習するだけでなく、身体の特性を理解することで、
身体が最大限パフォーマンスを発揮できるはずです。

それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪

↑このページのトップヘ