どうも!ダーツは永遠の恋人!だ~はらです!
久々の更新です。今日は新たな気づきがありましたので共有したいと思います。

腕が綺麗に振れない、気持ちよく振り切れない。
なんて方は必見です。

だ~はらはダーツをはじめてずっと【自分のフォーム】を追及し続けています。
1日8時間以上練習していても気持ちよくスローできる時とできない時があります。

気持ちいい時と、気持ち悪い時の差がどこにあるのか。
その差は一体何なのか?これを追い求める日々です。

テイクバックを浅くしてみたり、グリップ変えてみたり、
色々試せど、3投すべて気持ちよくとは中々いかず。

矢が狙ったところに入らないことより気持ちよく腕を振り切ってスローできないことが、
何よりストレスでした。 【狙って入れた】ではなく【狙って投げた結果入った】
という感じも気持ち悪くて許せませんでした。

結果オーライ感は自分が上達してるのかどうかわからなくなります。
こんな状況を打破したく、レーティングの向上や勝敗ではなく、
まずはしっくり来る【自分のスロー(フォーム)】を確立しようと考えました。

しっくり来る自分のスローの探し方
チェック
まず、確認したいのは肩・肘などをはじめとした腕回りです。
テイクバックであればどこまで引いたら窮屈になるか?

ここまで引いたら腕はどういう動きをするか?
をゆっくり動作させながら以下の確認作業を繰り返しま
した。

①テイクバック時に力まず腕がたためる限界ラインはどこか?
②的に対しての突き出しとテイクバックは同じ道を通せてるか。
③テイクバック最下点は窮屈でないか、自然に腕を出せる場所であるか。


その結果だ~はらは関節の作り上、
ユーミング時に腕を的に合わせに行く軌道と、
テイクバックで引く軌道が重ならず別々だったことがわかりました。


わかりやすく表現すると腕の動きが小さなV字を描いているような感じです。
構えた状態から身体の内側を通って矢を的に合わせ、

戻るときは外側を通って肩に引くのが、身体に歪みが生まれない自然な動きだったんです。
そんな身体の特徴に気づかず行きと帰りを同じ線を通るようにテイクバックをしていたため、
身体に歪みが生まれ結果、腕が振れていなかったんです。

最下点で誤発射するかのように腕が暴れたり、
力んだりしてしまっていたのもこれが原因だと思います。

自分の身体の最も自然な動きを理解することで、
いままでの【気持ち悪さ】がだいぶなくなってきました。

山田勇樹プロもだ~はらと同じく、V字を描くようなスローのようです。
だ~はらも練習を繰り返すことで山田勇樹プロのような選手になれるかも?
なんて考えたら少し希望が見えてきました(笑)

「矢角と軌道(ライン)が合っているならばあとは真っすぐターゲットに向かって、
腕を伸ばせたなら矢は的を射抜いてくれる」

これが理想のダーツと考えています。

肩の位置も改めてみた
改善
だ~はらは窮屈なフォームが嫌だったので肩の位置やスタンスなどは極力身体の捻じれが生まれないように自然体のフォームを心掛けていました。

ただダーツで全く捻じれのないフォーム基本的にないとプロの方からアドバイス頂きました。
腰や身体のどこかに必ず捻じれが生まれるものであると。

自分の身体のベストフォームを探すべく、
フォームを今一度見直していこうと思ったんです。

まず取り掛かったのが肩の位置でした。
的に対して左肩と肘が一直線になるように調整してみました。

これによりいままでテイクバック最下点が少し窮屈だったのですが、
腕の稼働範囲が広がり右肩や顎まわりのスペースも増えたことから、スローが安定してきました。

まとめ

ま,とめ

①自分の腕や肘がどういった動きをしているか把握する。(関節の構造を知る)
②ダーツのフォームは捻じれなくして成り立たない。
③肩の位置1つで身体の強張りや、腕の可動域が変わる。


安定したダーツを叩きながら上達するには、それを裏打ちしてくれる、
自分にあった正しいフォームが必要不可欠だと思っています。

何か一つ、解決したらまた新たな問題が出てくるのがダーツです。
気長に根気よく、1つずつしっかりと取り組んで行きたいと思います。

それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪