どうも!ダーツは永遠の恋人!
だ~はらです! 

過去、「ダーツの力みという名の怪物を撃破せよ」や
でも、脱力をテーマにブログを書いてきました。

今回また脱力について良いイメージが掴めたので発信したいと思います。
やっぱり結局、脱力やら力みやらが大事なんだなぁとつくづく感じました(笑)

脱力について考えているのに気づいたら力んでいる…。
つまり、まだまだ脱力についての考え(意識)が足りないということです。

そう思うようにしようと決めました。
「片思いのあの娘に恋焦がれて焦がれて仕方がない」くらいに
脱力のことを常に考えて考えて考えて行こうと思います!

そもそも脱力する必要あるの?
そもそも
ブログを読んでくださってる皆さんは脱力の必要性を十分に感じられてると思いますが、
より理解を深めるために簡単に復習させて下さい。

脱力できなていないと…
①矢が飛ばない(力が伝わりにくい)
②コントロールが効かない。
③長時間投げることができない。

どれか一つでも気になる方は脱力についてもっと理解を深め、
脱力をマスターする必要があります。
(エラそうに言ってますがだ~はらもその一人です)
だ~はらといっしょに、この脱力問題を解決に導こうじゃありませんか。

脱力するための手段あれこれ
shudann
いままでブログに書いてきたのは、
①優しく矢をグリップする。
②矢の重みを感じる。
③左肩の位置を少し下げてみる。


などいくつかピックアップしてきました。
そしてだ~はらも実行してきました。

今回気づいた脱力方法は…

「腕そのものの重みを感じる」です!!!!!!!!!

矢を持つ手の、肘より上の上腕二頭筋ですね。
矢を持ち構えた時に矢の重みではなく、
腕のそのものの重みを感じるようにしてください。

「重みってどう感じたらいいんだ?」と思われますよね?
いきなり言われてもなかなかできないかもしれません。

重力について少し考えてみる
よく考えてみてください。私たちがこの星で暮らしている以上、重力から逃れることはできません。
皆が等しく重力のもとに生活しているわけです。

そして僕たちの身体とその身体のパーツ1つ1つにも必ず重力がかかっています。
このパーツそれぞれの重みを感じることで脱力することができるわけです。

つまり、脱力するためには重みを感じる必要があるということです!
ここから更に重みってやつを感じ取りやすくイメージするために重さを整理してみましょう。

上腕二頭筋の重さは体重比で約2%です。
例えばですが体重65Kgの人であれば腕の重さは1,3Kgです。

ダーツ1本の重さは何グラムですか?せいぜい16g~20g程度ですよね?
つまり、矢の重みよりも腕の重みの方が感じやすいということです。

もし、矢の重みが感じにくいと感じたら、
または長時間投げ続けて矢の重みが感じにくくなってきたら、

腕の重みを感じるようにしたらいいわけです!!
重みを感じる=脱力ですから、自然と無駄な力なくスローイングができるはずです。

それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪