どうも!ダーツは永遠の恋人!だ~はらです。

今日はダーツをどこで?どうやって?どんな目的で?
練習するのか、お話ししていきたいと思います。

「とりあえず投げまくってるけど上達してんのかな?」
と感じてる方はに読み終えた後にスッキリしてもらえたらさいわいです!

だ~はらは3ヵ所の練習場所と目的を設定をしています。

①Round1
②DartsShopまたはBar
③自宅


まず①Round1です。
rauwann

なんといっても最大のメリットは定額投げ放題ですよね。
なので、じっくり一人で練習したい場合はRound1に行きます。

カウントアップブルズアイなどのプラティクスや、
クリケットナンバーを使った練習など、いわゆる
時間をかけた反復練習を行っています。

ダーツはひたすら同じことを繰り返すスポーツです。
頭に、身体に、細胞に繰り返し反復することで覚えこませます。

地味にコツコツがたまにしんどいですが、ダーツに取ってこの、
反復練習というのはものすごく大事だと思います。

とはいえずっと同じことを続けるのも結構つらいと思います。
なので飽きてきたら、ハーフ一イットシュートアウトなどの、

ゲーム性の高いに逃げましょう
一人で複数枚カードを突っ込んでパーティゲームをやってもいいかもです(笑)

この一人練習で繰り返し反復する作業が基盤や骨組みをしっかり作っていく、
大事な時間になるので集中して取り組むようにしています。

次に②のDartsShopまたはBarです。
ダーツバー

だ~はら、会社近くのDartsShopに週2回~3回程通うようにしています。
目的は、対戦を通じてより実戦的な練習やリアル対戦でしか味わない緊張感や駆け引き等、
メンタル面を鍛える意味合いで練習しています。

やはり一人で投げてる時や、オンラインなど目の前に対戦相手がいない状態と、生身の人間を目の前にしての対戦とでは経験値に雲泥の差があります。

「負けたくない」「入れたい」と強く思うと、
てんでダメだったり、いつもは感じない緊張感を自分のものにできれば、集中力が高まっていつもよりいいスコアを叩けるときもあります。

レーティングは高いけど実践に弱い人投げ慣れてる場所ではポンポン入るけど、
環境が変わると低いスタッツばかり叩いてしまう…なんてよくある話ですよね。

ダーツは環境や状況が変わるだけで、スコアやパフォーマンスに影響が出ます。

せっかくダーツが好きになってやってるわけですから、
上手くなりたいし、強くなりたいですよね?私はなりたい…(涙)
なので色んな場所や、たくさんの人たちと投げて経験を積んでいきましょう。

最後に③の自宅ですが
da-tu200

私の場合、自宅にDartsLIVE200Sを設置しています。
投げ感や外での練習の補完といった感じで家で投げてます。

ただ、DartsLIVE200Sはご存知の通り、ゼロワン・クリケをはじめプラティクス・ロボ対戦などができますので自宅でも結構楽しく質の高い練習が可能です。
個人的には非常に満足していますし、おすすめです。

もう毎日、仕事から帰ってきては寝るまで投げて、
朝起きて家を出る前に5分~10分投げて、

なんて感じですかね。常に投げれる環境の幸福感ったらないですよ(笑)

そしてやはり短い時間だとしても、
毎日投げれる環境というのは上達するうえで非常に有利だと思います。

もちろん電子ボードでなくても良いと思いますので、
環境的にボードの設置が可能であればぜひ自宅にダーツボードの設置をおススメします。
安いものなら数千円~ありますので。

というわけで、練習のルーチンはこんな感じ! 

①Round1でひたすら反復練習

②リアル対戦を通じて経験値を積む&課題や弱点を再確認

③自宅練習にて補完・調整しながら質のある練習

そしてまたRound1で投げ込みをしながら課題をクリアしていく。
こんな一連の流れを意識しています。

②のDartsShop、Barで投げる対戦以外のメリットとしては、
上級者の常連のお客さんやスタッフの方に色々教わることができるというのも、
非常に大きい収穫ではないでしょうか。

だ~はらはダーツをはじめて2年位はひたすらRound1で投げ込むだけで、
対戦も友達とする位でしたので結果的にずいぶん遠回りしてしまいました。

もっと早く色んな人に教わっていたら、
今頃にプロになれてたのかなとか考えたりします(笑)

DartsShopに通うようになってからの上達具合やダーツに対する、
考え方や常識など 一人では分からなかったことをとても実感しています。

やはり一人練習では自分を客観的に分析する事が容易ではないですから。
それに技術的な事だけではなく、メンタルや考え方などダーツに取り組むうえで必要なことを全般的に学べる環境がそこにはあると思います。

仲間ができるのもとても嬉しいし楽しいですしね。
ふらっと立ち寄れるダーツショップや、ダーツバーを沢山作るのがだ~はらの目標です(笑)
次回は、練習メニューについてお話しできればと思います。

それではまた!明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪