あいらぶ・ダーツ!~とにかくダーツが上手くなりたい~

ダーツを愛する全ての方へ! だ~はらが普段のダーツの取り組みを通じて得たコツや練習方法はじめ、ダーツに関する情報を惜しみなく発信していく。そして皆さんと一緒にダーツ道を歩いていくために作ったそんなブログです!

どうも!ダーツは永遠の恋人!だ〜はらです。

本日は昼下がりのランチタイムよりブログを投稿してます。
そう、私はしがないサラリーマン。

ということで!
第2回はダーツを飛ばす上で必要不可欠である、
【脱力】について考えていきたいと思います。

「上手くダーツが飛んでくれない」
「狙った場所から大きく外れてしまう」


なんて方は必見です!是非ご覧ください。

だ〜はらもよく、一緒に投げてる上級者プレイヤーの方に、
「硬いね」「力んでるね」なんて、言われる事がありました。

「自分では特別力んでる感覚ないんだけどな~」と思うこともしばしば。
かといって、じゃあどのくらい力を抜けばいいのか分からず、
スローがバラバラになっては落ち込む日々。。

ダーツあるあるの1つだと思います。皆さんもそんな経験ありますよね?
この脱力の意味を理解(身体が)するのに、ものすごく時間がかかりました。

まず、【脱力】という表現、これが曲者だと思いました。
だ~はらは【適切な力加減】と解釈しました。

第1回でも少し触れましたが、紙ヒコーキを飛ばすのに、
目一杯力を込める人はあまりいないと思います。

むしろ、力いっぱい投げようもんなら逆に全く飛んでくれないですよね?
ダーツも同じで、せいぜい16g~20gあるかないかの物体を飛ばすわけですから、

力を込める必要なんてないんです。適切な力加減とはどの位なのか、
これを感じ取ることがダーツ上達の近道と言えるかと思います。

初期段階で間違った認識を持ってしまうと、
正しい力加減で飛ばせないだけでなく、

飛ばすために変なクセがついてしまったりすると後々修正するのが大変なので、
しっかり、【適切な力加減】をマスターしましょう。

では、だ~はらが実践して効果のあった、
【適切な力加減】を感じ取る方法を3つご紹介します。

①ダーツを握り込まない
gurippu
要は優しくグリップしましょう
って事ですね。
小さなものや柔らかいものをつまみ上げる時のような力加減です。

ダーツを持つ手と反対の手でフライトを軽く引っ張った際に、
指からダーツがすり抜ける位の力でグリップしてみましょう。

グリップに力が入ると前腕や、肩などの他の箇所にも力が入ってしまい、
全身の力みに繋がります。そのくらい、グリップって重要なんですね。

私は「うまく投げれない」「いま力んでるな」
と感じたら、すぐにグリップを確認するようにしています。

「ダーツをグリップしてる手は力んでないのに、なぜか力が抜けていないな…」
と感じる時もたまにあります。そんな時知らず知らずに力が入っているのは【手首】だったりします。

手首は腕を前に倒した時、重力に逆らわず自然と倒れる位、力を抜きます。
よく上手な方は投げ終わりの手が返ってると思います。

これは手首を自分の意思で返したり倒してるのではなく、
手首の力を抜いた状態で腕を振った結果、手首が返った。そんな感じですね。

手の甲を前に出すようなイメージで、振ると綺麗に倒れてくれると思います。


②ボードから近い距離で投げてみる
suro-inngu
近い距離で投げた場合、自ずと力を抜こうという意識になるはずです。
目安は実際の距離の半分くらいの距離がいいと思います。
(ボードとスローラインの間位ですね)

どの程度の力を加えたら、
どの位のスピードや勢いで矢が飛んでいくものなのか、


その感覚を感じ取ってみましょう。
通常のスローラインから投げると投げる毎に、
「力を加える」作業になると思いますが、

この近い距離で投げる練習は、
「力を減らしてく」イメージです。

狙うターゲットはブルもしくはトリプルリングの内側に設定し、
入る入らないは度外視していいので、力加減を感じ取ってみてください。

慣れてきたらそこから少しづつ、スローラインに近づいて、
力加減をより理解していくようにします。


③ダーツが弧を描くように山なりに飛ばしてみる
やまなり
直線的に飛ばす意識で投げると、どうしても力を加えようとしてしまいます。
ゆっくり、ふんわりと山なりでいいので弧を描くイメージで飛ばしてみてください。

自然と無駄な力が抜けて、いい感じでダーツが飛んでくれるはずです!
イメージはバスケのシュートや、バレーのトス上げみたいなイメージですね。
ふわ~っと放物線を描くような軌道です。

あのトッププレイヤーの村松治樹選手も、
ダーツを始めて数年は、ダーツを山なりに飛ばしていたそうです。

投げ込んでいくうちに、自然と鋭く正確なラインで投げれるようになってくると言っていました。
細かい技術や、自分のフォームを探しよりもまずはダーツを飛ばすために必要な

【適切な力加減】これを身体で覚えることが、上達の近道だと思います。

トッププレイヤーの動画等、Youtubeで観て頂くとわかりますが、
非常にリラックスしていますし、力めいっぱい投げてる選手はいないと思います。

勢いよく飛んでいるので力をものすごく込めているように見えるかもしれませんが、
実はその逆で、上手い人ほど力を抜くことを考えていますし、

「力を抜けば抜くほど、ダーツは入る」
という言葉があるくらいですからね!

それではまた!今日はこの辺で!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪ 
 

どうも!はじめまして!
ダーツは永遠の恋人!だ~はらです。

ダーツをはじめて早3年目に突入。
僕と同じように日々、ダーツに奮闘しダーツを愛する全ての方に、
だ~はらが日々の練習で得た【気づき】や【発見】を発信できればと思いブログをスタートさせました。

あくまでもだ~はらが経験を通じて得た事や周りに教わって「確かに!」
と感じて血肉にしたものが中心になりますのですべての方に当てはまらないかもしれませんが、
役立ちそうな情報と感じて活用してもらえたら嬉しいです。

それでは、記念すべき、「第1回 ダーツ上達の秘訣」です。 

どぞっ!!

ダーツ上達の秘訣…なんてご大層なタイトルにしてみましたが。
秘訣といいますか、前提といいますか。

だ~はらの考える、ダーツの【前提】を列挙していきたいと思います。

①こう投げるという決まった投げ方はない 

自由
「肘を固定しまっすぐ引きそのままターゲットに向かって投げる」


ダーツの投げ方をネット等で検索するとよくそういった情報を目にしますが、
これが絶対ではないと思います。

自然体で投げやすく、狙ったナンバーにちゃんと入るのであれば、
それが自分に合った投げ方だし正だと思います。

ポイントはいかに【リラックス】して【力まず投げれる形か】が重要と考えます。
日本の選手と海外の選手を比較すると、
海外の選手は非常に個性的なフォームグリップスローの方が多いです。

中にはよくその投げ方で入るな?って思う選手もいます。
きれいなフォームも大事だし憧れると思いますが、
最終的に大事なのは、「入るか」どうかです。

自分に無理なく一番投げやすい投げ方を見つることがダーツ上達の近道です。

②ダーツは力を使って飛ばすものではない
NO
「あれ?狙ったとこより、ずいぶん下に落ちたぞ」

ダーツではよくあることじゃないでしょうか?

思ったよりもダーツが下に垂れると2投目にすることは、
1投目以上の力を込めて飛ばそうとしてしまうんです。

これが、まず間違いです。紙ヒコーキをめいっぱい力を込めて投げたりしないですよね?
ちゃんと、飛ばし方(適切な力の加え方)があるんです。

この力の加え方を知らないまま、投げ続けると頭が、
「ダーツは力を入れないと飛ばない」と認識します。

間違った認識を持ってしまうとより一層、
うまくダーツを投げれなくなってしまいます。

正しい認識を持てるように前提を誤らないように注意してください。
まずめいっぱい力を込めなくてもダーツが飛ぶ方法を探ります。

この時、フォームなどはあまり気にせず、
ダーツを「ポーン」と軽い気持ちでスローしてみてください。

ゴムボールや重さの軽いものを投げるようなイメージですね。
まず、どうしたら飛ぶか、どの位の力で十分なのか。

これを知ることから始めるのが重要かつ、ダーツ上達には欠かさない部分です。

③同じ動作を繰り返す競技である
ru-tin
ひたすら、ただひたすら同じことを繰り返すのがダーツの、
特徴の1つだと思います。

1投目も2投目も3投目も全く同じように投げる。
1R目も2R目も3R目も全く同じように投げる。

同じ動作を繰り返すためには、動きはシンプルであればある程いいわけです。
シンプルであれば、間違い(誤動作)も起きにくいですしね。

また、同じ動きを繰り返すわけですから、
リズムも大事になってきます。

毎回同じ高さに構えて、
毎回同じ位置までテイクバックして、
毎回同じ位置で同じ振りと速度で、リリースして…。

この再現力の高さ=ダーツの正確性に繋がります。

これを念頭に置きな意識してるかしていないかは結構大きいです。
自分の決まったルーチンを作り上げて、

毎回同じように投げれるように練習してみましょう。きっと上達のきっかけになるはずです。

④イメージ力が重要である 
成功するイメージ
イメージしたり、うまくいかない原因やどうしたらうまくいくかを自分で考える。
これが大事です。

「昨日まで出来てたことが、今日できなくなってる」
これよくある話です。私もこれにいつも泣かされます(笑)

それはダーツが、ものすごく【イメージ】に影響されるスポーツだからです。

また、同じように投げてるつもりでも実際は、
毎回同じ動きができてるわけではないことが起因だと思います。

そのため繰り返し練習することでイメージを固め動きを身体に覚えさせることが重要になってきます。
時間をかけて、1つ1つ重ねていく作業と思い焦らず、慌てず、ゆっくり時間をかけて練習に取り組みましょう。

また、ネットにある情報や上級者に教えられたアドバイス等を
そのまま実行するのではなく、考えることが大事です。

なぜ、飛ばないのか。どうしたら飛ぶのか。
なぜ、的を外すのか。どうしたら外さないか。


物事には必ず原因があります。
ただ人によって身体の構造や意識は様々なため、

万人に共通の解消方法はありません。
自分で考えて試して、また考えて試す。

こういう考えやサイクルで取り組むことが、
上達のコツや秘訣と言えるんではないでしょうか。

次回はもう少し具体的に、上達するためのコツのようなお話しができればと思います。

それではまた!明日もエンジョイ!ダーツ(^^♪

↑このページのトップヘ