第4回 ダーツを投げる時は考えすぎない

どうも!ダーツは永遠の恋人!
だ~はらです。
昨日は久々にショップでリアル対戦してきました!

 

やっぱり対人が一番練習になるな~
ということで新たな課題も見えて、収穫ありの一日でした。
昨日、気づいたことが結構ありましたので書き綴ります。

 

・投げる時に色々考えすぎてしまう
そんなあなたに必見です!

 

投げる瞬間、または投げるまでの動作で何を考えているか、
どういったことを「意識」しているかっていうことなんですが。

 

だ~はらはものすごく考えすぎてしまうクセがあります。
投げる時に何を考えてるかというと…。

 

「力まないようにグリップして…」とか。
「テイクバックはこの位のスピードでここまで引いて…」とか。

 

「肘が動かないようにいつものとこでリリースして…」とか。
さらには、
「ここでトリプル入れないとやばいな…」とか。

 

これだけたくさんの事を考えながら投げるもんだから、
結局、上手く身体が動かずフォームがバラバラになる。

 

そんな経験あなたもないですか?私はよくあります…。
練習ならともかく、試合やゲームではなるべく頭の中をシンプルにしたいものです。

 

色々調べてみたところ、どうやら人間が一度に意識できる数は3つが限界のようです。
4つ目を意識するとそれまでの3つの内の何かが欠けてしまうそうです。

 

そこで自分が一体いくつのことを考えながら投げているのか書き出してみることにしました。
書き出した結果これだけのことを意識していることがわかりました。

 

1.力が入らないように…(脱力)
2.構える高さはここにして…(ライン取り)
3.肘が動かないように気を付けて…
4.テイクバックは遅すぎず早くなりすぎないように…
5.リリースポイントはこの辺で、ずれないように…
6.最後までターゲットにフォローして…

 

と書き出す限り6つも意識してました…
そりゃ、身体が思い通りに動かないですよ…

 

どうしたらゴチャゴチャ考えず楽に気持ちよく投げれるだろうか。
色々考えてみました。

 

頭の中で意識する事と、
無意識でも身体が動くようにすべきものを、
仕分けてみることにしました。

 

①~⑥を下記のように仕分けしてみました。
頭で意識することはこの2つ。

 

1.力が入らないように…
2.構える高さはここにして…(ターゲットに対してラインが取れてるか)

 

3.肘が動かないように気を付けて…
4.テイクバックが早くなりすぎないように…
5.リリースポイントがずれないように…
6.しっかりターゲットにフォローして…
は無意識できるようになること。

 

ライン取りは照準を合わせる動作なので意識的なものになります。
力の入れ抜け具合に関しても都度「いま力入ってないかな?」と

 

意識的に探ってリラックスを心掛けないと気づいたら力んでいたり、
力んでいることに気づけない時もあるので注意しなくてです。

 

3~6はいわゆるフォームに関する動きになるので反復練習で身体に覚えさせる事で
意識せずとも身体がそう動くようにしようという結論に至りました。

 

意識することが脱力することと、照準合わせることの2つだけであれば、
なんかうまく投げれそうな気がしてきました(笑)

 

余談ですが、昨日ショップの後にバーにも立ち寄って投げました。
お酒も進み、結構酔いが回っていたのですが、

 

不思議とトリプルもブルもバンバン入るんです。
ほんと面白いように…気持ちよかった…(笑)

 

お酒が入ってリラックスできてたのと、
あれこれ考えずに気持ちよく振り投げていたのがよかったのかなと思います。

 

お酒を飲む以外にもどうしたらリラックス状態に持っていけるか、
自分なりの方法を見つけるのも大事だなと感じました

 

リラックス状態じゃないと全然入らないし、
飛びも気持ち悪いんですよね。しっくりこない感じが。

 

やっぱりダーツは入らないと面白くないですし、
ましてや、楽しむはずのゲームをあれこれ考えすぎてたら、

 

だんだん難しくなってくるし楽しめるわけがない。
こんな自分の悪癖をなんとかしたいものです。

 

当面は、反復練習でフォームを固めて考えないように!
スローラインに立ったら難しいことは考えず、

 

とにかく無心でターゲットに向かってスローする!
ことだけを考えてダーツに取り組んでみようかと思います。

 

「意識と身体の関係」
非常にダーツにとって重要だと感じました。

 

それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です