第1回 ダーツ上達の秘訣 虎の巻①

はじめまして!
ダーツは永遠の恋人!だ~はらです。

 

ダーツをはじめて早3年目に突入。
僕と同じように日々、ダーツに奮闘しダーツを愛するあなたに、
だ~はらが日々の練習で得た【気づき】や【発見】を発信できればと思います。

 

あくまでもだ~はらが経験を通じて得た事や周りに教わって「確かに!」
と感じて血肉にしたものが中心になりますのですべてが当てはまるものではありませんが、、
思い悩んでいるあなたにとって一部でも役に立てればと思います。

 

いまあなたが、
 
・上達するためにはどうしたらいいか。
・はじめたばかりでどうしたらいいかわらかない。

 

と感じていれば、ぜひ一読ください。

 

ダーツ上達の秘訣…なんてご大層なタイトルにしてみましたが。
秘訣といいますか、前提といいますか。

 

まずはだ~はらの考える、ダーツの【前提】を列挙していきたいと思います。
 
<決まった投げ方なんてない> 
「肘は固定、まっすぐ引いたらそのままターゲットに向かって投げる」
ダーツの投げ方をネット等で検索するとよくそう書かれている記事があると思います。
確かに基本形はそうかもしれません。
しかし必ずそうでないといけないわけではないと思います。

 

自分が投げやすい形で、安定して入るなら、
それが自分にとって一番投げやすい投げ方だと思います。
形に囚われ過ぎて、本質(矢を入れるのがダーツのゴール)を見失わないように気を付けてください。

 

大切なのは身体が【リラックス状態】でいれて、自然に腕が振れるのが理想だと考えます。
海外の選手と比較すると、非常に個性的なフォームの方が多いです。

 

中にはめちゃくちゃな投げ方だなって思ってしまう選手もいますが、
それでいて、ガンガン入れるんですよね(笑)

 

美しいフォームに憧れると思いますが、
ダーツは、入れてなんぼです。
自分に無理なく一番投げやすい投げ方を見つることがダーツ上達の近道です。

 

<ダーツに「力はいらない」>
「あれ?狙ったとこより、ずいぶん下に落ちたぞ」
ダーツではよくあることじゃないでしょうか?

 

思ったよりもダーツが下に垂れると2投目は、
1投目以上の力を込めて飛ばそうとしてしまいがち。

 

こうなると、どんどん力が込められていってしまうんですよね。
紙ヒコーキをめいっぱい力を込めて投げたりしないですよね?
キャッチボールするとき、投げる瞬間までは身体はリラックス状態じゃないですか?

 

ダーツも同じで、力の加え方があるんですよね。
この力の加え方を掴むことができず、力で投げ続けると脳が、
「ダーツは力を入れないと飛ばないもの」と認識してしまう。

 

当然、ダーツは入らないばかりかいつしか飛びも悪くなってしまう。
そんな時は、フォームなど細かいことはあまり気にせず、
ダーツを「ポーン」と軽い気持ちで投げてみましょう。

 

ゴムボールのような軽いものを投げるイメージで。
どうしたらきれいに飛ぶか、どの位の力具合ならどのくらい飛ぶのか。
これを知ることがダーツ上達の第一歩です。

 

<ダーツは同じ動作を3回繰り返す競技である>
ただひたすら同じことを繰り返すのがダーツです。
1投目も2投目も3投目も全く同じように投げる。
1R目も2R目も3R目も全く同じように投げる。

 

同じ動作を繰り返すためには、動きはシンプルであった方がいいわけです。
シンプルであれば、間違い(誤動作)が起きにくいですからね。
また、同じ動きを繰り返すわけですから、
リズムも大事になるでしょう。

 

同じ高さに構えて、
同じ位置までテイクバックして、
同じ位置で同じ速度で、腕を振って。

 

これをいつも同じように行う。
この再現性の高さ=ダーツの精度だと考えます。

 

同じ動きをすることを念頭に置き、自分のルーチンを作り上げて、
毎回同じように投げれるように練習してみましょう。きっと上達するはずです。

 

<イメージが大事な競技である> 
成功するイメージ、うまくいくことを考える。
これはダーツに限らずいい結果を出すためには大事なことですよね。

 

「昨日まで出来てたことが、今日できなくなってる」
こんなことがダーツには日常茶飯事に起こります。

 

それはダーツが、ものすごく【イメージ】に影響されるスポーツだからだと思います。
同じように投げてるつもりでも実際は、
毎回同じ動きができてるわけではないことが起因だと思います。

 

そのギャップを埋めるためには繰り返し練習することでイメージを固め、動きを身体に覚えさせることが重要になってきます。
当然、一朝一夕では習得できるものではありませんので、焦らず、慌てず、ゆっくり時間をかけて練習に取り組みましょう。

 

「1投目はうまく飛んでくれたのに、2投目はなぜ下に垂れたのか?」
物事は常に原因と結果の関係性です。
結果には必ずそうなった原因があるんです。

 

そんな時にうまくいかなかったことに、
ただイライラするだけか、それともなぜそうなったのかを考えるのか。
その違いも上達する人としない人の分かれ道だと思います。
自分で考えて試して、また考えて試す。
こういう考えやサイクルで取り組むことが、
上達のコツや秘訣と言えるんではないでしょうか。

 

次回はもう少し具体的に、上達するためのコツのようなお話しができればと思います。
それではまた!明日もエンジョイ!ダーツ(^^♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です