第36回 ダーツ上達に欠かせない2つの考え方

あいらぶ・ダーツ! ダーツは永遠の恋人!だ~はらです。

今日はだ~はらの思う、ダーツ上達に欠かせない2つの考え方についてお話ししたいと思います。

こんなお悩みにおススメの記事です

①練習してるのになかなか進歩しない

②ダーツが入るときと入らない時の差が激しい

③まっすぐ引いて、まっすぐ手を伸ばすことができない

この記事の結論

上達に欠かせない2つの考え方として、

①ダーツが入らないという事実(結果)は1つだけど、過程(要因)は1つじゃないということ

②自分の思っている(動かしている)真っすぐと、身体(身体の構造)にとっての真っすぐが同じとは限らない

です。1つづつ深掘りしていきたいと思います。

①ダーツが入らないという事実(結果)は1つだけど、過程(要因)は1つじゃないということ

ダーツを狙ってスローイングしたらその結果は狙った的に「入ったor入らなかった」のいずれかですよね。

でも、その過程(要因)は本当に1つだけでしょうか?わたしは大きく2つの要因があると考えています。

1つ目は、純粋に的を外してしまったケースです。

いつも通り構えて、テイクバックもできて、スローイングもできて、

ちゃんと思った通り、自分のフォームで投げることができたけど、的を外してしまったケースです。

外れてしまった原因はもしかしたら、矢の角度が少し下がっていたのかもしれないし、

1本目のダーツにはじかれて外れてしまったのかもしれない。

ここで言いたいのは、的は外れたけど「ちゃんと身体を動かしていつも通り投げることはできた」

ということです。

2つ目は、いつも通り身体を動かすことができず外れてしまったケースです。

これはだ~はらの場合、テイクバックやリリースに対してが多いのですが、

身体をうまく動かせなくて、いつもよりテイクバックが引けていなかったり、

リリースの位置がずれていたりで、自分がこう投げたいという形を作れなかった結果、的を外すケースです。

だ~はらはこれを失投と定義しています。

ダーツが入らなかったという事実は1つですが、

同じ入らなかったでもイメージ通り身体を動かせたのと失投では対策(練習の仕方)は変わりますよね?

ダーツの入らなかった原因を、失投と失投以外で分けて認識することが大事だと思っています。

※失投の定義は人によって違うかもしれませんが、ここでいう失投は「身体がイメージ通り動かせなかった」を意味しています。

②自分の思っている(動かしている)真っすぐと、身体(身体の構造)にとっての真っすぐが同じとは限らない

だ~はらの場合ですが、テイクバックで腕を引き時よりも、どちらかというと

テイクバック最下点からスローイングする際の腕の振り方が自分のイメージと、

身体の構造上、動かせる動きとが合ってない時があります。

これは図にしたり、言葉で表すのがすごく難しいのですが、

もしスローイングなりが安定しないと感じてる場合は、この着眼点で

身体の動きをチェックしてみるのも大事だと思います。

素振りの動きと、ダーツを実際に投げる時の動きに違和感がある場合は、

イメージと身体の動きが合っていない可能性があるでしょう。

これはいつか動画なり、図なりでうまく説明したいと思います。

まとめ

①ダーツが入らない要因である、「失投」と「失投以外」を混同しない。

分けて理解することで対策や練習の仕方が変わってくる。

②自分のイメージしてる動きと実際に動かせる身体の可動域が同じとは限らない。

今一度、どう身体が動かせるのかを再確認するのも大事。

それでは今日はこのへんで!
毎週木曜日にブログの確実更新をしていますので、
役に立つなと少しでも思って頂けたらブックマークよろしくお願いします!

明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です