どうも!ダーツ狂のだ~はらです!

今日は、ダーツ上達に役立つことをご紹介していきます。

「いま伸び悩んでるなぁ」
「最近始めたばかりでどうしたらいいかわからない」

なんて方は必見です!!


①Youtubeでプロの試合を視聴
⇒だ~はらは毎日Youtubeでプロの試合を欠かさず観ます。
単純に好きだから毎日観ちゃうんですけどね(笑)

やはりプロの試合はものすごく参考になります。
なんてったって、プロですから!

見るポイントは様々なんですが、
フォーム関連だと、

スローラインに立つまでと、立ってから、
矢を放つまでの動きやリズムなどの
いわゆるルーチンを参考にしています。

あとはさらに分解して、テイクバックやフォロースルー、
手首の返し等を見て参考にしたりします。

あと、どのプロにも共通してる部分はないか、
探したりしてみます。

ダーツに決まった投げ方はない
第1回ダーツ上達の秘訣①でもお話ししましたが、

とはいえ「こうした方がいい」「こうするべき」といった、
部分はきっとあってそこは共通してるのではないかと考えてます。

共通部分を認識することで自分の投げ方や、
新たな投げ方を模索するときに、
生まれる迷いが少なくて済むと思います。

例えば、多くのプロが共通してるんではないかと思うのが、

・リラックスして投げてる(無駄な力が抜けてる)
・フォロースルーを全くしない人はいない
・手首が返ってる(前に倒れている)


などです。

もちろん例外もありますが、
多くのプロに共通してる部分ではないかと思います。

ということは?少なくとも、リラックス状態でターゲットに対して、
フォローして手首は倒れていた方がよりダーツは飛ぶし、入るのではと…考えます。

あと、プロの投げ方やフォームを参考にするとき、
人単位ではなく、パーツ単位で参考にするようにしています。

あの有名なプレイヤーで現在、
PERFECTランキング上位に位置している知野真澄プロも、

「特定の選手のすべてが参考になるかと言うとそうではないけど、部分部分を切り取って見ると参考になることは結構ある」

というような事を言ってました!

つまり、いろんなプロの部分部分を参考にすることは、
自分のフォームづくりのヒントになるのではないでしょうか。


②メモを取る
⇒練習の際に気づいたことや感覚など、
必ずメモを取るようにしています。

なぜなら…。

次投げた時に全く同じ感覚や、

同じ投げ方は出来ないからです。

これはプロプレイヤーにも言えることです。
毎日感覚は変わっているそうです。

せっかく、いい感じ!この投げ方だ!と思っても、
次投げた時には全く別物になっていたり、忘れてしまっていることも。

少しでも思い出せるように、
スマホのメモに残すと非常に役立ちます。

できれば、実際のノートに手書きで残すのをお勧めします。
僕も最初はスマホにメモを残していましたが、
ダーツノートを作りました。

なぜなら…。

人間は自分の手で文字を書くことで、その内容が頭に入りやすくなるからです。


それは文章に起こすために書きたいことを頭で整理したり、
考える作業がより脳へのインプットを強めてくれるんだと思います。

もちろん、メモを取ったからといって、全く忘れない・100%思い出せるってわけではありません。
ただ、伸び悩んだり、投げ方等が全くわからなくなってしまって路頭に迷い、切望に打ちひしがれた時に、

あとでメモを読み返すことで抜け出すヒントになったりこともあります。

少し面倒だと思うかもしれませんが、必ず何かの役には立つ思いますし、
自分の血肉になると思いますのでメモを残すことをオススメします。


③月間の練習時間を決める
⇒日ごとの練習時間を算出して月間の練習時間を定めます。

だ~はらは、ダーツを初めて半年間ずっとCフライト止まりでした。なかなかBフライト(Rt6)に上がれず悶々とする日々。

そしてガッツリ思いっきり練習してとりあえずBフラに乗せると決意

1ヶ月間で80Hの練習量を課してとにかく投げまくりました。

仕事に行く前、仕事のあと、休みの日…。
とにかく投げまくりました。

そしてなんとか1ヶ月間の強化月間を経て、
Rt6に乗せることができました。

80Hなので1日平均2.5H位ですね。
それ以降はトントン拍子でRt7、8、9と上がっていきました。

9から10に上がるときは結構かかりましたが、
念願のAフライトになることもできました。

Bフライト(Rt6~9)までは練習量がものを言うと思います。

Aフラ以上を目指そうと思うとプラスで質のいい練習も必要になってきますが。

とにかく投げまくれば誰でもBフライト(Rt9)にはなれると思います!

いまCフライトから抜け出せずに悩んでる方は、
なにも考えずひたすら投げまくる!
のも一つの手ではないでしょうか。

また、膨大な練習量をこなしたという事実が、
自分に対する自信にもつながります。

ダーツはメンタルが大事なスポーツです。
自信をもってスロー出来るかどうかも非常に大きいと思います。


それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪