あいらぶ・ダーツ!~とにかくダーツが上手くなりたい~

ダーツを愛する全ての方へ! ダーツのコツや練習方法はじめ、ダーツに関する情報を惜しみなく発信していく。そんなブログです!

カテゴリ: スポーツ

どうも!ダーツ狂のだ~はらです!


今回はダーツをしていて避けては通れない、
力みについてお話しします。

投げていると、どうしても抜けない力み…。
特に対戦してるときなんて緊張と力みでフォームもばらばらなんてことも。

わかっていても、力んでしまうのがダーツであり、
ダーツの難しさではないでしょうか。

最近、この力みの原因の理解と脱出の糸口を見つけたので、
そのへんについてお話ししていきます。

まず力みには大きく分けて2種類あると思っています。
まず、1つめの力みは。


①意図しない瞬時の力み
⇒ダーツを構えてユーミングし、ゆっくりテイクバックをして、
まさにいま、リリースするぞ!というその瞬間。


力んで腕がきれいに前に倒れなかったり
フォロースルーした手が変な方向を向いてしまう事ありませんか?

または、テイクバックの最中に力んでしまって、
そのまま流れで無理やり放ってしまうなんてことも…。

これは、まさに「入れなくては」という意識から来る力みではないでしょうか。
わかっていてもつい、入ってしまう力です。

この力みはひたすら力まないように投げる練習を繰り返すことでしか、解消できないと思います。具体的には…。

知り合いのPERFECTプロが言っていました。

力みを解消するために、
「大量の100円玉を用意してひたすらCOUNT-UPを繰り返して力まないように練習した」
と。なぜCOUNT-UPかというと、

みなさんも経験がおありかと思いますが、

4RあたりでLOW TONペース(400~500)だと、
高得点を意識して緊張してしまったり、急に外しはじめてしまったり。

これを突破し高得点をたたき出すことが、
力み克服に繋がるそうです。プレッシャーに打ち克つってことですね。

あとは、もう狙わずに練習するとかですね。
狙うから力んでしまうので、例えばトリプルリングの内側に入るように
とか、範囲を広げてあげることで狙う意識を少し弱めて、
まずは力まずにしっかり飛ばすという意識で練習をするというのも、
いいんではないかな思います。


意図しない瞬時の力み
日々の反復練習で限りなく極限まで力みが消えるように、
頭に、身体に、細胞に、染み込ませる他ないでしょう。

それでも差し迫った局面や、人前や大舞台ではプロでも誰でも力んでしまうものだと思います。
そういった意味では力みは永遠のテーマと言えるでしょう。

②意図して込める力み

⇒これが中々厄介といいますか、
一度入り込むと抜け出せない負のスパイラルに発展し、
上達を阻む大きな原因になります。

メカニズムをしっかり理解することで、
負のスパイラルに陥ることなく上達の道を辿れますので、
ご安心ください。

意図して込める力み=ダーツを飛ばすためにかける力です。
物体を投げるわけですから、もちろん力をかける事が必要になるわけですが、

ダーツを飛ばすには、
矢の重み
②遠心力
③加える力


この3つを組み合わせて飛ばします。
適切な力加減がわかれば、

矢そのものにかける力はごく僅かでいいんです。
また、遠心力これも結構重要なので腕を引いたり振ったりするときは、
感じ取れると尚のこと良いでしょう。

ただ、多くの人が、
ダーツは力を使って思いっきり投げないと飛ばない
と認識しがちのため、必要以上の力をかけてしまいます。

これは第1回でお話しした【適切な力加減】
のお話しに通じます。

ではなぜ、思いっきり投げないと飛ばないと認識してしまうのか。

おそらくこうではないかと考えます。

①矢の重さを感じれていない。

②矢に十分な力が伝わらない。

③力が伝わらないから飛ばない。

④飛ばないから必要以上の力で無理やり飛ばそうとしてしまう。

こんな悪循環が生まれてしまうことで、ダーツをうまく飛ばせなかったり、
必要以上の力を込めて力みに繋がってしまうんだと思います。

つまり、①の矢の重さを感じ取らないことには、
ダーツを正しく飛ばすことはできない。といっても過言ではないと思います。

重さを感じれるようになると、
矢にものすごく力が伝わるようになります。

力が伝えられると、本当に面白いようにダーツが飛びます!
飛び過ぎてしまう位飛びます!

それだけではなく、軌道も描きやすくなるので、
精度もかなり上がるはずです。

ダーツの重みを感じずに投げてる方で、
かつ上達が止まっている方は重みを感じることで、
劇的に変化するはずなので取り組んでみてください。

では、どうしたらダーツの重みをどう感じれるのか。

①まず3本すべて持ちます。
②1本づつ減らします。
③最後の1本の重みを感じ取るように持ち続ける。


あとは、持ってる状態で軽く振ったり上げ下げしたりしてみてください。
重みを感じれるはずです。

この感じ取った重みを実際に矢を構えた時にも感じれるように、
練習してみましょう。

第5回 手首の使い方でもご紹介している方法でも、
ダーツの重みを感じ取ることができますのでぜひ試してみてください。

それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪  

どうも!ダーツ狂のだ~はらです!

今日はダーツの「狙い」について…。

ダーツで「狙う」ってどういうことだろう?
改めて考えてみました。

「狙ったとこより大きく外れる」
「そもそもどう狙ったらいいのかわからない」


という人には必見です!

まあ、単純にブルならブルに矢を合わせて、
まっすぐ振るようにみんな投げると思います。

僕もそう投げてるし、そう投げてきました。
ただ、ダーツの狙いって多分そうじゃないんだと最近思っています。

ダーツで「狙う」とは軌道(ライン)に乗せる
ということです。

自分のダーツがどういう軌道でどんな風に飛んでいって
ターゲットを打ち抜くのか、これをイメージしてスローすることが大事です。

わかりやすく、
ダーツの他に的を狙いを定めるようなスポーツを例に考えていきましょう。

軌道を辿り弧を描いて狙うスポーツとしては、
バスケットボールが近いと思います。

だ~はらは学生時代バスケ部だったので、
この考え方を知った時は結構しっくりきました。

バスケ経験者の方は是非、試してみてください。

ボールがどういう軌道を描いて、
あのネットを揺らすのか…。

確かにシュートする時はボールの軌道をイメージしてシュートしていました。
これってダーツにも共通して言えることだなと目から鱗でした(笑)

他にもゴルフのパター?とかですかね。
芝生を読んでカップまでのラインに沿う様に乗せて打ちますよね?

スタート(手元)からゴール(ターゲット)までの軌道。
これをイメージしてそこに乗せることで矢を的まで運ぶ。
そんな感覚でしょうか。

ただ、これ言うほど簡単じゃないですよね。
なんてったってダーツですから…難しさの極み(笑)

自分のダーツがどんな飛び方をしてるのか、
把握する必要があります。

まずは、スマホなどで自分のスローの動画を取って、
どんな飛びをしてるのかチェックしてみるといいと思います。


おそらく、多くの人が山なりに弧を描きながら矢が飛んでいるはずです。

だ~はらも昔、動画で自分の飛びをチェックしてみたことがあります。
直線的なイメージでダーツを飛ばしていたつもりでした。

でも実際は結構、山なりで放物線を描いて飛んでいました。

なに言いたいかというと、
矢はターゲットの直前で必ず落下するんです。

自分のイメージと実際の軌道が大きく異なると、
ラインに乗せるという事がうまくできないんです。

なので、まず客観的に自分の矢の軌道を確認し、
知る必要があります。

ダーツのラインに乗せるイメージをより強めるために、
Youtubeなどでプロのスローを観るのもおすすめです!

それも、前から見てもわからないので、
後ろから撮影されたアングルの動画です!
これは本当に参考になります!

あまり、多くアップはされてないんですが探すと意外とあるので、
後アングルの動画を観て参考にしてみてください。

おすすめ動画です!下記でyoutube検索してみて下さい!
(白のユニフォーム 鈴木猛大プロ)

2016 01 17 王者FINAL 準決賽鈴木猛大VS知野真澄


鈴木プロの前から撮影された動画を観てたときは
矢が勢いよく直線的に飛んでいると思っていたんですが、

この動画を初めて観た時、軌道が思ったより丸みがあって、
意外だな~と感じたのを覚えています。

動画で対戦してる知野真澄プロは身長が183cmあり、
上から下に向かって投げおろすイメージなんでしょか、
鈴木プロと比べると直線的な飛びをしているように見えますよね。

知野真澄プロもトッププロ中のプロです。

矢の飛んでいくイメージが直線的でも、弧を描くイメージでも大事なのは、
これから飛ばす矢の軌道をしっかりイメージすることではないでしょうか。

矢が飛んでいくラインをイメージできたら、
次に大事なのが、【矢角】です。読んで字のごとく、矢の角度ですね。

直線的に飛ぶイメージを持っていると特に矢角が浅くなりがちで、
的に合わせて投げてるつもりが、「あれ?垂れるな」なんてことがよく起こります。

矢の角度はこれから矢が飛んでいく軌道の角度に合わせなければ、
ラインには乗りませんよね。矢は的の直前で必ず落下するわけですから。

低い位置から飛び始めたものが、飛んでる最中に浮かびあがることはありません。

矢角は正面から狙いを定めた時に、これから飛ばしたい軌道の角度と合っているのか、
正確に合わせるのは少し難しいかもしれません。横から見れれば一発なんですが(笑)

なので、意識するポイントとして構えた時にフライトが下を向いているか、
水平もしくはそれに近い角度になっていないかだけ注意してみるだけでOKだと思います。

狙い=(イコール)【矢角】と【軌道(ライン)】を合わせる事だと思います。

入らなくなって、上級者の方に相談するときは必ず、
この矢角と軌道の話になるので、間違いないと思います。

どうしても力や勢いでターゲットに放り込みたくなるのですが、
ちゃんと角度をつけて軌道に乗せてあげれば最小限の力で、

ブレなく狙ったターゲットに刺さるもんなんですね。

それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪  

どうも!ダーツ狂のだ~はらです!

今日は、ダーツ上達に役立つことをご紹介していきます。

「いま伸び悩んでるなぁ」
「最近始めたばかりでどうしたらいいかわからない」

なんて方は必見です!!


①Youtubeでプロの試合を視聴
⇒だ~はらは毎日Youtubeでプロの試合を欠かさず観ます。
単純に好きだから毎日観ちゃうんですけどね(笑)

やはりプロの試合はものすごく参考になります。
なんてったって、プロですから!

見るポイントは様々なんですが、
フォーム関連だと、

スローラインに立つまでと、立ってから、
矢を放つまでの動きやリズムなどの
いわゆるルーチンを参考にしています。

あとはさらに分解して、テイクバックやフォロースルー、
手首の返し等を見て参考にしたりします。

あと、どのプロにも共通してる部分はないか、
探したりしてみます。

ダーツに決まった投げ方はない
第1回ダーツ上達の秘訣①でもお話ししましたが、

とはいえ「こうした方がいい」「こうするべき」といった、
部分はきっとあってそこは共通してるのではないかと考えてます。

共通部分を認識することで自分の投げ方や、
新たな投げ方を模索するときに、
生まれる迷いが少なくて済むと思います。

例えば、多くのプロが共通してるんではないかと思うのが、

・リラックスして投げてる(無駄な力が抜けてる)
・フォロースルーを全くしない人はいない
・手首が返ってる(前に倒れている)


などです。

もちろん例外もありますが、
多くのプロに共通してる部分ではないかと思います。

ということは?少なくとも、リラックス状態でターゲットに対して、
フォローして手首は倒れていた方がよりダーツは飛ぶし、入るのではと…考えます。

あと、プロの投げ方やフォームを参考にするとき、
人単位ではなく、パーツ単位で参考にするようにしています。

あの有名なプレイヤーで現在、
PERFECTランキング上位に位置している知野真澄プロも、

「特定の選手のすべてが参考になるかと言うとそうではないけど、部分部分を切り取って見ると参考になることは結構ある」

というような事を言ってました!

つまり、いろんなプロの部分部分を参考にすることは、
自分のフォームづくりのヒントになるのではないでしょうか。


②メモを取る
⇒練習の際に気づいたことや感覚など、
必ずメモを取るようにしています。

なぜなら…。

次投げた時に全く同じ感覚や、

同じ投げ方は出来ないからです。

これはプロプレイヤーにも言えることです。
毎日感覚は変わっているそうです。

せっかく、いい感じ!この投げ方だ!と思っても、
次投げた時には全く別物になっていたり、忘れてしまっていることも。

少しでも思い出せるように、
スマホのメモに残すと非常に役立ちます。

できれば、実際のノートに手書きで残すのをお勧めします。
僕も最初はスマホにメモを残していましたが、
ダーツノートを作りました。

なぜなら…。

人間は自分の手で文字を書くことで、その内容が頭に入りやすくなるからです。


それは文章に起こすために書きたいことを頭で整理したり、
考える作業がより脳へのインプットを強めてくれるんだと思います。

もちろん、メモを取ったからといって、全く忘れない・100%思い出せるってわけではありません。
ただ、伸び悩んだり、投げ方等が全くわからなくなってしまって路頭に迷い、切望に打ちひしがれた時に、

あとでメモを読み返すことで抜け出すヒントになったりこともあります。

少し面倒だと思うかもしれませんが、必ず何かの役には立つ思いますし、
自分の血肉になると思いますのでメモを残すことをオススメします。


③月間の練習時間を決める
⇒日ごとの練習時間を算出して月間の練習時間を定めます。

だ~はらは、ダーツを初めて半年間ずっとCフライト止まりでした。なかなかBフライト(Rt6)に上がれず悶々とする日々。

そしてガッツリ思いっきり練習してとりあえずBフラに乗せると決意

1ヶ月間で80Hの練習量を課してとにかく投げまくりました。

仕事に行く前、仕事のあと、休みの日…。
とにかく投げまくりました。

そしてなんとか1ヶ月間の強化月間を経て、
Rt6に乗せることができました。

80Hなので1日平均2.5H位ですね。
それ以降はトントン拍子でRt7、8、9と上がっていきました。

9から10に上がるときは結構かかりましたが、
念願のAフライトになることもできました。

Bフライト(Rt6~9)までは練習量がものを言うと思います。

Aフラ以上を目指そうと思うとプラスで質のいい練習も必要になってきますが。

とにかく投げまくれば誰でもBフライト(Rt9)にはなれると思います!

いまCフライトから抜け出せずに悩んでる方は、
なにも考えずひたすら投げまくる!
のも一つの手ではないでしょうか。

また、膨大な練習量をこなしたという事実が、
自分に対する自信にもつながります。

ダーツはメンタルが大事なスポーツです。
自信をもってスロー出来るかどうかも非常に大きいと思います。


それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪  

どうも!ダーツ狂のだ~はらです。

今日は技術や、練習法等のお話しではなく、
ダーツを長く愛して取り組み続けていくうえで、

必要なメンタルの保ち方といいますか、
気の持ち方みたいなお話しになります。

長くこれからの人生、ダーツを楽しんでいきたい!
なんて思ってる方は必見です!


ダーツを練習してると、
「本当に才能ないな~俺(わたし)」と感じて、
ふいに絶望を感じることありませんか?

自分と同じ頃に始めた友達が先にAフライトになったり、
対戦してもいつも勝てなかったりすると、

ダーツをやめたくなる時もあります。
だ~はらも絶望の日々に心が折れそうになったことが何度もあります。

「上手い人は最初から上手いのかなぁ」
「才能がある人は違うわー」


よくそんなことを思っていました。

ただその反面で才能やセンスが最初からあって、
何の苦難もなかったら、果たして本当にここまで、
ダーツにハマっていたかな?とふと考えたりもします。

答えは、【ハマってない】です!

思い通りにいかないからこそ、試行錯誤するし、
ここまで夢中になれてるんだと気づいた時、
少しだけですが気持ちが楽になりました。

むしろ才能がないと思う分、
一生懸命努力を重ねるられるのではないでしょうか。

そして、
Aフラでも、Bフラでも、Cフラでも、
なんならAAでもSAでも、

ダーツに取り組むすべての人間が、
何かしらの課題や悩みを抱えているということです。


初心者もトッププロも例外なく、
皆、何かしら課題や苦悩を抱えている。

そう、まるで人生のように(笑)

要領というか、コツというか、
そういったものを掴むまでにかかる時間は人それぞれ違いますし、

練習量や質によっても上達の度合いは変わってきますが、
共通して言えるのは、

「何の壁にもぶち当たらずに来た人はいない」ってことだと思います。
それだけダーツというものが繊細かつ、
容易ではない競技なんだとだ~はらは思っています。

コツを掴んで上達したと思っても、急に壁がぶち当たって、
Rtが急激に落ちてしまったり。

だ~はらはRt10から一気にRt6まで落ちたことがあります。

なかなかRtが上がらずに悩んでる人もいれば、
転落して、もがいてる人もいるのがダーツだと思います。

どこまでいってもいつまで続けても、【終わり】や【安定】は、
ないんだな~と思います。

以降、だ~はらはダーツを取り組む上で以下のことを念頭に置くようにしました。

・みんな課題があり奮闘している
・上手くいかないからこそ夢中になれてる
・才能なんてクソくらえだ(笑)


長くやっているのに、Rtが上がらなかったり、
AフラになれずBフラを抜け出せないと、

自分には才能がないのではないか、ダーツなんてもうやめてしまおうか、
そんな風に考えてしまうと思いますし、

中には初めて半年でAフラになった人なんかに出会うと、
凹んだりしますよね。

でも、思い詰めれば思い詰めるほどうまくいかないのも、
ダーツあるある
じゃないですか?(笑)

長い目で、広い視野で、気長に取り組むことが大事だと思っています。

ある、ダーツバーの店長(Rt:16)が言ってました。
練習すれば誰でもAA位にはなれるよって。
マジっすか?と慌てて聞き返したました(笑)

練習の仕方や、ダーツを飛ばすイメージ1つで、
劇的に変わることがあります。
急にコツを掴んで上達するのもダーツの特色の1つだと思います。

長いこと上達していなかったり、
同じ課題で頭を抱えてる方は、

練習方法や環境を変えたり、
上級者(できればプロライセンスを持ってる位うまい人)に、
師事をしてもらうことをおすすめします。

だ~はらは、いつも行くショップに色々教えてくれる師匠みないな人がいて、
いつも気にかけてもらったり、技術面・メンタル面で助かってます。

もしも、いま一人でダーツに取り組んでるよって方は、
色んなことを共有できる仲間や、アドバイスをくれる師匠みたいな人を見つけてみてください。

ダーツショップでもバーでも、
上手い人はゴロゴロいますし、上手い人程教えるのが好きな方は結構いると思います。

ただ、1つ注意しなくてはいけないのは、
教えてもらったことすべてを信じて、鵜呑みにしないこと。

その人が嘘や間違ったことを教えてるってことじゃないですよ!

人によって感覚やイメージは違います。
教えてもらったことすべてが自分に合うとは限りません。

まずはなんでも試してみて、
あってるなと思ったら取り入れて、違うなと思うものは、
知識としてストックしてことが大事です。

まとめますと。。

・みんな課題があり奮闘してる。
・才能がないと感じるからこそ、努力ができる。
・思い詰めたらうまくいかない。
・練習方法や環境を変えてみよう。
・教えてもらったことをしっかり整理し飲み込もう!


です!

だ~はらはダーツを生涯スポーツとして、
死ぬまでブルを狙い続けたいと思います(笑)
とにかくダーツが好きで好きで愛してやまないのです。


それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪  


どうも!ダーツ狂のだ~はらです!

今日は練習メニューについてご紹介します。

「どう練習したらいいかわからない」
「毎回なんとなく投げてる」
「最近、上達していない気がする」

なんて思ってる方必見です!
是非、参考にしてみてください。


練習メニューは下記の順番で行っていきます。
順番は好きな順番でやってもいいと思います。

①ゼロワン(1501or901)
⇒ウォーミングアップです。
主にフォームのチェックやその日の飛び具合、
スロー時のイメージを確認します。
感覚と身体を温めるためのが目的はなので細かいところはあまり気にしていません。

②S・CRICKET
⇒クリケットナンバーの15-20を使った練習です。
15からスタートしシングルリングに連続で3マークできたら次のナンバーへ!

ダブル・トリプルに入っても1マークとします。
この練習は、しっかりとターゲットを投げ分ける技術を磨くのに効果的です。

ダーツを始めるとひたすらブルを練習するししたくなると思います。
やっぱりブルに入った時の音はたまらないですもんね。

ただ、ブルの精度が上がっても意外とほかのナンバーがきっちり狙えなかったりするんですよね。
ゼロワンもテンパイしたあとはブルやクリケナンバー以外を狙う場面もありますし、

打ち分けられないとフィニッシュできませんので、狙ったターゲットを打ち抜く精度は必要不可欠です。

なのでこの練習が非常に効果的です。そして結構、難しいです。
クリケット全20Rのうちに全てのナンバーをクリアする必要があるわかですが、

意外と1つのナンバーに手間取ると中々終われないことも…。

~休憩(15分-20分)~

CRICKET COUNT-UP
⇒僕の場合は得点目標はなく、
目標値としてスタッツ3.0以上を目指しています。

後のオンライン対戦時のクリケットのために、
狙う感覚は馴らしておくかってイメージです。

また、1つのナンバーのチャンスは1スローしかないため、
集中して投げてないと中々スタッツ3.0以上は出ないので、
良い集中力を纏いながらできる練習だと思います。

またCOUNT-UPみたいに点が低くてもそこまで、
凹まなくて済むのでそれもCRICKET COUNT-UPのいいところだと、
勝手に解釈しています(笑)

④COUNT-UP
⇒700点超を3回出るまでチャレンジ。
点数は目標とするスタッツから設定してます。
700点だと1Rあたりのスタッツ87.5です。

私の場合、まずRt10~11位のスタッツを叩けるようにってことで、700点と定めています。
目標とするスタッツ×8Rで設定してみてください。

またポイントとしては半分の4R終了時点で300後半から400だと、
達成ペースだと思うのですが5R目から意識してしまって変な緊張感が生まれたりしますので、

その緊張感に打ち克つように取り組んでみてください。
メンタルも鍛えられるはずです。

⑤オンライン対戦
①~④でだいぶ温まってきてると思いますので、
グローバルマッチやアリーナを始めます。

温まり切っていない場合は引き続きCOUNT-UPをしたり、
気になるところがあればゼロワンでチェックしながら調整していきます。

オンラインはより実践的な練習という事で、どちらかというとスタッツよりも、
勝敗を意識してやるようにしています。

スタッツは確かに気になりますが、それでは本末転倒といいますか。
上手さも大事ですが、やはりゲームに勝てる強さを身につけなければと思っていますので。

以上、上記①~⑤の流れで行っています。
時間にすると3時間~4時間位ですかね。

休みの日は8時間~長いときで10時間以上練習します。
休憩は1、2時間おきに15分~20分程挟むようにしています。

練習においてのポイントですが、
先ほども少し触れましたが、
結構皆さんブルの練習を重点的にすると思います。

ただ、ブルって縦ラインと横ラインが合わないと、
入らないターゲットなんですよね。

ですので、ブルの練習と平行してしっかり、
狙ったターゲットを打てるような練習(上記の②ですね)を行うと、

ダーツ自体の上達に繋がると思います。
ただ、ジミ練ばかりではつまらないので、

COUNT-UPやオンライン対戦なども交えながら、
楽しみながらも、質の高い練習を心掛けています。

練習時間・練習の質・練習の仕方、
取り組む意識などで上達速度や内容がガラッと変わります。

少なくとも漠然とただ繰り返し投げてるだけでは中々、
上達していかないのがダーツです。


だ~はらは定期的に練習メニューを変えたりして、
変化を付けながら各課題のクリアに取り組んでいます。

例えばですが、今月は「ブル強化月間だ!」って決めたら、
ひたすらブルに特化した練習をしたりします。

色々自分で試してみて工夫を重ねていくのも楽しみの1つと思って、
取り組んでみてはいかがでしょうか。

ダーツをやめない限り時間はいくらでもあるわけですから(笑)
気長に楽しみながらやりましょう!

それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪  

↑このページのトップヘ