あいらぶ・ダーツ!~とにかくダーツが上手くなりたい~

ダーツを愛する全ての方へ! ダーツのコツや練習方法はじめ、ダーツに関する情報を惜しみなく発信していく。そんなブログです!

カテゴリ: ダーツ

どうも!ダーツ狂のだ~はらです。

今日は最近掴みかけてきた「手首」の使い方について、
お話ししたいと思います。

「ダーツの飛びが悪い」
「腕の振りが気持ち悪い」
「ダーツに力が伝えられていない」


と感じてる方は必見です!

まず、手首を使えるようになるとどんな効果があるか。


①ダーツがよく飛ぶようになる。
②気持ちよくダーツがグリップから抜けていく。
③無駄な力が自然と抜ける。
④命中精度が上がる。


思いつく限りだとざっとこんなところでしょうか。
(他にも、もっとあると思います)

「フォロースルーした手(指)が変な方向を向いてる。」
「投げ終わりの腕に力が入ってる感覚がある。」
「ダーツに力が伝わり切っていないな…。」


こんなお悩みをお持ちの方いませんか?
これまさに、手首が使えていないことで起こる現象の1つではないかと思います。

ただ、この手首の使い方。
ダーツの中でも中々難しい部類のお話しじゃないかなと思います。

意識して返そうとすると、ぎこちなくなるし、
振ることを意識し過ぎるとリリースが遅れてしまったり。

では、どうしたら手首が使えるようになるのか…。

まず、手首を自在に使いこなすための、
大前提は「ダーツの重さを感じ取れるまで力を抜く」です。

どの位まで力を抜く必要があるのか。
まじはそこから始める必要があります。

どうしたらそれを感じ取ることができるか、
だ~はらが思いついた方法をご紹介します。

■手順
①テーブルに肘を置きます。
(頬杖をつく感じですね)

②次に、ダーツは持たずにダーツを持っていると思ってグリップしてください。
(この時、実際に握っていないので力は全く入っていない状態になると思います)

③その状態で、腕を前に倒します。
倒すイメージは腕を垂直に立てるために拳と肩の間で張っていた糸が、

プツンと切れて自然と前に倒れるイメージです。
手首に力が入っていなければ、自然と倒した方向に手首がうなだれませんか?

この時の手首がうなだれる(前に倒れる)感覚がダーツで手首を使う時の感覚です。
つまり、手首は自分で力を加えて返すのではなく、

腕を振った時に発生する、「前にかかる力」遠心力を使って
手首を返すんですね。

無駄な力が入っていたり、自分で力を加えて手首を返すと、
うまく飛ばなかったり、余計な力が入ったりでダーツが飛び過ぎたりします。

以下、参考動画です。下記でyoutubeで検索してみて下さい!


DARTSLIVE.TV CUP -CRICKET TOP RANKER- 準決勝第2試合


どうですか?すごく綺麗に自然に手首が返ってますよね?
こんなきれいなスロー憧れますよね…。

肘から上を柔らかく上手に使えるようになるとこんなスローイングができるようになるわけですね。

星野選手以外にも、手首や肘を綺麗に使って飛ばす選手はたくさんいます。
山田勇樹プロ、知野真澄プロ、星野光正プロも手首の返しが綺麗ですよね。

Youtube等で探してみると結構アップされてますので、
ぜひ参考にしてみてください。

あと手首を返す時のイメージとして、

手首(正面)をターゲットに向かうイメージで振るのではなく、
腕を振った時に手の甲がターゲットに向くようにしてみてください。
または、フライトとシャフトの接続部分あたり、
付け根?あたりを前に押し出すイメージですね。

また、よくスナップを利かすって表現をすることがあると思うのですが、
僕はスナップを利かす=意図して手首を返すと思っていたので、

お?手首を使うって難しいぞ?って思っていました。

だ~はらが手首の感覚を感じた感想は、
「利かす」のではなく、

利くように意識して振った結果、「スナップが利く」
がしっくり来るかな~と思います。

利かすのも、利いたのも
似てるんですが、ちょっと違うと思っています。

利かすことを意識して手首を考えると、
力みに繋がったり、変な力が加わる気がするんです。

手首のスナップが利くように肘や、前腕を振る
または手首の力を抜く、その結果としてスナップが利く

そんなイメージなんですよね。
人によって考え方やイメージは違うのでこれが正解とは思わないのですが、

少なくともこのイメージで腕を動かせたときは、
ものすごく気持ちよくターゲットを打ち抜けます。

どういうイメージを持ったら手首が返るかを想像して、
色々試してみるといいと思います。

少なくとも手首(正面)をターゲットに向けるイメージだと、
手のツッパリの原因になりますのでご注意ください

必ずしも手首を返す必要があるのか?
というとそんなことはないと思います。

どんな投げ方でも入ればいいわけですから。

ただ手首が使えるようになれば見た目の良さだけでなく、
見た目以上に飛びは良くなるし精度も上がるしと、
良いことづくめだと思います。

押投げか振り投げかでもイメージとか身体の動きは変わってくると思うのですが、
どちらも手首は最低限、矢を飛ばすうえでの必要な連動部分になると思っています。

時間がかかるかと思いますが、じっくり習得のため、
練習してみていはいかがでしょうか?


それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪  

どうも!ダーツ狂の、だ~はらです。
昨日は久々にショップでリアル対戦してきました!

やっぱり対人が一番練習になるな~

ということで新たな課題も見えて、収穫ありの一日でした。
昨日、気づいたことが結構ありましたので書き綴ります。

投げる時に色々考えすぎてしまう方は必見です!

投げる瞬間、または投げるまでの動作で何を考えているか、
どういったことを「意識」しているかってお話しです。

だ~はらはものすごく考えすぎてしまうクセがあります。
投げる時に何を考えてるかというと…。

「力まないようにグリップして…」とか。

「テイクバックはこの位のスピードでここまで引いてとか。

「肘が動かないようにいつものとこでリリースしてとか。

さらに、
「ここでトリプル入れないとやばいなとか。
ですかね。

これだけたくさんの事を考えながら投げるもんだから、
結局、上手く身体が動かずフォームがバラバラになる。

そんな経験皆さんもないですか?私はよくあります…。
練習ならともかく、試合やゲームではなるべく頭の中をシンプルにしたいものです。

昔読んだ本に書いてあったのですが、
人間が一度に意識できる数は3つが限界のようです。
4つ目を意識するとそれまでの3つの内の何かが抜け落ちるそうです。

そこで自分がスローするときにいくつのことを考えているか整理してみました。
整理した結果、これだけのことを意識していました。

①力が入らないように…(脱力)

②構える高さはここにして…(ライン取り)

③肘が動かないように気を付けて…

④テイクバックは遅すぎず早くなりすぎないように…

⑤リリースポイントはこの辺で、ずれないように…

⑥最後までターゲットにフォローして…

と数えてみたら約6つも意識してました…
そりゃ、思い通りに動かないですよ身体…

どうしたらゴチャゴチャ考えず、楽に、
気持ちよく投げれるだろうか。

色々考えてみた結果出した答えは…。

頭の中で意識することと、
無意識でも身体が自分の思った通りに身体が動くようにすべきものと、
仕分けたうえで、練習してみようと考えました。

①~⑥を下記のように仕分けしてみました。

<頭で意識すること>
①力が入らないように…
②構える高さはここにして…
(ターゲットに対してラインが取れてるか)

<無意識でもそうなるようにすること>
③肘が動かないように気を付けて…
④テイクバックが早くなりすぎないように…
⑤リリースポイントがずれないように…
⑥しっかりターゲットにフォローして…

こんな感じです。

ライン取りは照準を合わせる動作なので、意識的なものになります。

力の入れ抜け具合に関しても、
都度「いま力入ってないかな?」と意識的に探ってリラックスを心掛けないと、
気づいたら力んでいたり、力んでいることに気づけない時もあるので注意しなくてはと。

③~⑥はいわゆるフォームに関する動きになるので、
反復練習で身体に覚えさせる事で、
意識せずとも身体がそう動くようになるのが理想だと結論付けました。

意識することが脱力と照準合わせの
2つだけであれば、なんかうまく投げれそうな気がしてきました(笑)

これは余談ですが、昨日ショップの後にバーにも立ち寄って投げました。
お酒も進み、結構酔いが回っていたのですが、

不思議とトリプルもブルもバンバン入るんです。
ほんと面白いように…気持ちよかった…(笑)

やっぱりお酒が入ってリラックスできてたのと、
あれころ考えずに気持ちよく振り投げていたのがよかったのかなと思います。

お酒を飲む以外にもどうしたらリラックス状態に持っていけるか、
自分なりの方法を見つけるのも大事だなと思いました。

リラックス状態じゃないと全然入らないし、
飛びも気持ち悪いんですよね。しっくりこない感じが。

やっぱりダーツは入らないと面白くないですし、
ましてや、楽しむはずのゲームをあれこれ考えすぎてたら、

だんだん難しくなってくるし楽しめるわけがない。
こんな自分の悪癖をなんとかしたいものです。

当面は、反復練習でフォームを固めて考えないように!
スローラインに立ったら難しいことは考えず、

とにかく無心でターゲットに向かってスローする!
ことだけを考えてダーツに取り組んでみようかと思います。

「意識と身体」

この関係と理解は非常にダーツにとって重要だと感じました。


それでは今日はこのへんで!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪  

どうも!ダーツ狂の、だ~はらです。

今日はダーツをどこで?どうやって?どんな目的で?
練習するのか、お話ししていきたいと思います。

まず、だ~はらは目的別に3ヵ所で練習をするように設定をしています。

①Round1
②DartsShopまたはBar
③自宅

1つずつ詳しく解説していきます!

まず①Round1です。

なんといっても最大のメリットは定額投げ放題ですよね。
なので、じっくり一人で練習したい場合はRound1に行きます。

カウントアップやブルズアイなどのプラティクスや、
クリケットナンバーを使った練習など、いわゆる
時間をかけた反復練習を行っています。

ダーツはひたすら同じことを繰り返すスポーツです。
頭に、身体に、細胞に繰り返し反復することで覚えこませます。

地味にコツコツがたまにしんどいですが、ダーツに取ってこの、
反復練習というのはものすごく大事だと思います。

とはいえずっと同じことを続けるのも結構つらいと思います。
なので飽きてきたら、ハーフ一イットやシュートアウトなどの、
ゲーム性の高いに逃げましょう
一人でパーティゲームをやってもいいかもです(笑)

この一人練習で繰り返し反復する作業が基盤や骨組みをしっかり作っていく、
大事な時間になるので集中して取り組むようにしています。


次に②のDartsShopまたはBarです。
私の場合は、会社近くのDartsShopに週2回~3回程通うようにしています。

目的は、対戦を通じてより実戦的な練習やリアル対戦でしか味わない緊張感や駆け引き等、
メンタル面を鍛える意味合いで練習しています。

やはり、一人で投げてる時や、オンラインなど目の前に対戦相手がいない状態と、
生身の人間を目の前にしての対戦とでは経験値に雲泥の差があります。

「負けたくない」「入れたい」と強く思うと、てんでダメだったり、
いつもは感じない緊張感を自分のものにできれば、集中力が高まっていつもよりいいスコアを叩けるときもあります。

レーティングは高いけど実践に弱い人や、投げなれてる場所ではポンポン入るけど、
そうでない場所では外しまくったり…なんてよくある話ですよね。

ダーツは環境や状況が変わるだけで、スコアやパフォーマンスに影響が出ます。

せっかくダーツが好きになってやってるわけですから、
上手くなりたいし、強くなりたいですよね?私はなりたい…(涙)
なので色んな場所や、たくさんの人たちと投げて経験を積んでいきましょう。


最後に③の自宅ですが、

私の場合、自宅にDartsLIVE200Sを設置しています。
投げ感や、外での練習の補完といった感じで家で投げてます。

ただ、DartsLIVE200Sはご存知の通り、ゼロワン・クリケをはじめ
プラティクス・ロボ対戦などができますので、

自宅でも結構楽しく質の高い練習が可能です。
個人的には非常に満足していますし、おすすめです。

もう毎日、仕事から帰ってきては寝るまで投げて、
朝起きて家を出る前に5分~10分投げて、

なんて感じですかね。常に投げれる環境の幸福感ったらないですよ(笑)

そしてやはり、短い時間だとしても、
毎日投げれる環境というのは上達するうえで非常に大きいです。

もちろん電子ボードでなくても良いと思いますので、
環境的にボードの設置が可能であればぜひ自宅にダーツボードの設置をおススメします。
安いものなら数千円~ありますので。

というわけで、練習のルーチンはこんな感じですかね。

①Round1でひたすら反復練習

②リアル対戦を通じて経験値を積む&課題や弱点を再確認

③自宅練習にて補完・調整しながら質のある練習

そしてまたRound1で投げ込みをしながら課題をクリアしていく。

こんな一連の流れを組んでいます。

②のDartsShop、Barで投げる対戦以外のメリットとしては、
上級者の常連のお客さんやスタッフの方に色々教わることができるというのも、非常に大きい収穫です。

だ~はらはダーツをはじめて2年位はひたすらRound1で投げ込むだけで、
対戦も友達とする位でしたので結果的にずいぶん遠回りしてしまいました。

たらればですが、もっと早く色んな人に教わっていたら、
今頃にプロになれてたのかなと(笑)

もちろん近い将来プロになれるように頑張りますよ!

DartsShopに通うようになってからの、上達具合やダーツに対する考え方、常識など
一人では分からなかったことをとても実感しています。

やはり一人練習だけでは自分を客観的に分析する事が容易ではないですから。

それに技術的な事だけではなく、メンタルや考え方などダーツに取り組むうえで必要なことを全般的に学べる環境がそこにはあると思います。

仲間ができるのもとても嬉しいし楽しいですしね。

ふらっと立ち寄れる、
ダーツショップや、ダーツバーを沢山作るのがだ~はらの目標です(笑)

次回は、練習メニューについてお話しできればと思います。

それではまた!明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪  

どうも!ダーツ狂の、だ〜はらです。

本日は昼下がりのランチタイムよりブログを投稿してます。
そう、私はしがないサラリーマン。

ということで!
第2回はダーツを飛ばす上で必要不可欠である、
【脱力】について考えていきたいと思います。

「上手くダーツが飛んでくれない」
「狙った場所から大きく外れてしまう」


なんて方は必見です!是非ご覧ください。

だ〜はらもよく、一緒に投げてる上級者プレイヤーの方に、
「硬いね」「力んでるね」なんて、言われる事がありました。

「自分では特別力んでる感覚ないんだけどな~」と思うこともしばしば。

かといって、じゃあどのくらい力を抜けばいいのか分からず、
スローがバラバラになっては落ち込む日々。。

ダーツあるあるの1つだと思います。皆さんもそんな経験ありますよね?

この脱力の意味を理解(身体が)するのにものすごく時間がかかりました。

まず、【脱力】という表現、これが曲者だと思いました。
だ~はらは【適切な力加減】と解釈しました。

第1回でも少し触れましたが、紙ヒコーキを飛ばすのに、目一杯力を込める人はあまりいないと思います。

むしろ、力いっぱい投げようもんなら逆に全く飛んでくれないですよね?

ダーツも同じで、せいぜい16g~20gあるかないかの物体を飛ばすわけですから、

力を込める必要なんてないんです。

適切な力加減とはどの位なのか、これを感じ取ることがダーツ上達の近道と言えるかと思います。

初期段階で間違った認識を持ってしまうと、正しい力加減で飛ばせないだけでなく、

飛ばすために変なクセがついてしまったりすると後々修正するのが大変なので、

しっかり、【適切な力加減】をマスターしましょう。

では、だ~はらが実践して効果のあった、
【適切な力加減】を感じ取る方法を3つご紹介します。

①ダーツを握り込まない
→要は優しくグリップしましょうって事ですね。
小さなものや柔らかいものをつまみ上げる時のような力加減です。

ダーツを持つ手と反対の手でフライトを軽く引っ張った際に、
指からダーツがすり抜ける位の力でグリップしてみましょう。

グリップに力が入ると前腕や、肩などの他の箇所にも力が入ってしまい、

全身の力みに繋がります。そのくらい、グリップって重要なんですね。

私は「うまく投げれない」「いま力んでるな」
と感じたら、すぐにグリップを確認するようにしています。


「ダーツをグリップしてる手は力んでないのに、なぜか力が抜けていないな…」
と感じる時もたまにあります。そんな時知らず知らずに力が入っているのは、【手首】だったりします。

手首は腕を前に倒した時、重力に逆らわず自然と倒れる位、力を抜きます。
よく上手な方は投げ終わりの手が返ってると思います。

これは手首を自分の意思で返したり倒してるのではなく、
手首の力を抜いた状態で腕を振った結果、手首が返った。そんな感じですね。

手の甲を前に出すようなイメージで、振ると綺麗に倒れてくれると思います。


②ボードから近い距離で投げてみる
→近い距離で投げた場合、自ずと力を抜こうという意識になるはずです。

目安は実際の距離の半分くらいの距離がいいと思います。
(ボードとスローラインの間位ですね)

どの程度の力を加えたら、どの位のスピードや勢いで矢が飛んでいくものなのか、

その感覚を感じ取ってみましょう。

通常のスローラインから投げると、投げる毎に、
「力を加える」作業になると思いますが、

この近い距離で投げる練習は、
「力を減らしてく」イメージです。

狙うターゲットはブルもしくはトリプルリングの内側に設定し、
入る入らないは度外視でいいので、力加減を感じ取って見てください。

慣れてきたらそこから少しづつ、スローラインに近づいて、
力加減をより理解していくようにします。


③ダーツが弧を描くように山なりに飛ばしてみる
→直線的に飛ばす意識で投げると、どうしても力を加えようとしてしまいます。

ゆっくり、ふんわりと山なりでいいので弧を描くイメージで飛ばしてみてください。

自然と無駄な力が抜けて、いい感じでダーツが飛んでくれるはずです!

イメージはバスケのシュートや、バレーのトス上げみたいなイメージですね。
ふわ~っと放物線を描くような軌道です。

あのトッププレイヤーの村松治樹選手も、
ダーツを始めて数年は、ダーツを山なりに飛ばしていたそうです。

投げ込んでいくうちに、自然と鋭く正確なラインで投げれるようになってくると言っていました。


細かい技術や、自分のフォームを探しよりもまずはダーツを飛ばすために必要な

【適切な力加減】これを身体で覚えることが、上達の近道だと思います。

トッププレイヤーの動画等、Youtubeで観て頂くとわかりますが、

非常にリラックスしていますし、力めいっぱい投げてる選手はいないと思います。

勢いよく飛んでいるので力をものすごく込めているように見えるかもしれませんが、
実はその逆で、上手い人ほど力を抜くことを考えていますし、

「力を抜けば抜くほど、ダーツは入る」
という言葉があるくらいですからね!

それではまた!今日はこの辺で!
明日もエンジョイ・ダーツ(^^♪ 
 

どうも!はじめまして!ダーツ狂の、だ~はらです。

ダーツをはじめて早3年目に突入。

僕と同じようにダーツに奮闘し、ダーツを愛する全ての方に、
だ~はらが日々の練習で得た【気づき】や【発見】を、
発信できればと思いブログをスタートさせました。

あくまでもだ~はらが経験を通じて感じた事、
教わって、「確かにそうだな」と納得して飲み込んだものなので、すべての方に当てはまるわけではありませんが、

役立ちそうな情報と感じてもらえたら、
活用してもらえたら幸いです。
それでは、記念すべき、

「第1回 ダーツ上達の秘訣」です。

どぞっ!!

ダーツ上達の秘訣…なんてご大層なタイトルにしてみましたが。
秘訣といいますか、前提といいますか。

だ~はらの考える、ダーツの【前提】を列挙していきたいと思います。

こう投げないといけないという決まった投げ方はない。
「肘を固定してまっすぐ引いてまっすぐターゲットに向かって投げる」

ダーツの投げ方をネット等で検索するとよくそういった情報を目にしますが、これが絶対ではないと思います。

自然体で、投げやすく、狙ったナンバーにちゃんと入るのであれば、それが自分に合った投げ方だし正だと思います。

ポイントはいかにリラックスして力まず投げれる形かが重要と考えます。

日本の選手と海外の選手を比較すると、海外の選手は非常に個性的なフォーム、
グリップ、スローの方が多いです。中にはよくその投げ方で入るな?って思う選手もいます。

きれいなフォームも大事だし憧れると思いますが、最終的に大事なのは、「入るか」どうかです。
自分に無理なく一番投げやすい投げ方を見つけてみましょう。


②ダーツは力を使って飛ばすものではない。
「あれ?狙ったとこより、ずいぶん下に落ちたぞ」
ダーツではよくあることじゃないでしょうか?

思ったよりもダーツが下に垂れると2投目にすることは、
1投目以上の力を込めて飛ばそうとしてしまうんです。

これが、まず間違いです。紙ヒコーキをめいっぱい力を込めて投げたりしないですよね?
ちゃんと、飛ばし方(適切な力の加え方)があるんです。

この力の加え方を知らないまま、投げ続けると頭が、
「ダーツは力を入れないと飛ばない」と認識します。

間違った認識を持ってしまうとより一層、うまくダーツを投げれなくなってしまいます。

正しい認識を持てるように前提を誤らないように注意してください。

具体的には、まずめいっぱい投げない方法でダーツが飛ぶ方法を探ります。

この時、フォームなどはあまり気にせず、ダーツを「ポーン」と気軽に投げるようにしてください。

ゴムボールを軽く投げるようなイメージですね。
まず、どうしたら飛ぶか、どの位の力で十分なのか。

これを知ることから始めるのが非常に大事だと思います。

③同じ動作を繰り返す競技である
ひたすら、ただひたすら同じことを繰り返すのがダーツの、
特徴だと思います。

1投目も2投目も3投目も全く同じように投げる。
1R目も2R目も3R目も全く同じように投げる。

同じ動作を繰り返すためには、動きはシンプルであればある程いいわけです。
シンプルであれば、間違い(誤動作)も起きにくいですしね。

また、同じ動きを繰り返すわけですから、リズムも大事になってきます。

毎回同じ高さに構えて、
毎回同じ位置までテイクバックして、
毎回同じ位置で同じ振りと速度で、リリースして…。

この再現力の高さ=ダーツの正確性
に繋がります。

これを念頭に置き意識するかしないかは結構大きいです。
自分の決まったルーチンを作り上げて、

毎回同じように投げれるように練習してみましょう。

④イメージが鍵である 
イメージしたり、うまくいかない原因やどうしたらうまくいくかを自分で考える。これが大事です。

「昨日まで出来てたことが、今日できなくなってる」
これよくある話です。私もこれにいつも泣かされます(笑)

それはダーツが、【イメージ】がものすごく大事な競技であること、

また、同じように投げてるつもりでも実際は毎回同じ動きができてるわけではないことが起因だと思います。

そのため繰り返し練習することでイメージを固め動きを身体に覚えさせることが重要になってきます。

時間をかけて、1つ1つ重ねていく作業です。
ですので、焦らず、慌てず、ゆっくり時間をかけて練習に取り組みましょう。

また、ネットにある情報や上級者に教えられたアドバイス等をそのまま実行するのではなく、
考えることが大事です。

なぜ、飛ばないのか。どうしたら飛ぶのか。
なぜ、的を外すのか。どうしたら外さないか。

物事には必ず原因があります。
ただ人によって身体の構造や意識は様々なため、

万人に共通の解消方法はありません。
自分で考えて試して、また考えて試す。

こういう考えやサイクルで取り組むことが、
上達のコツや秘訣と言えるんではないでしょうか。

次回はもう少し具体的に、上達するためのコツのようなお話しができればと思います。

それではまた!明日もエンジョイ!ダーツ(^^♪

↑このページのトップヘ